ラジオ出演しました!「清水勝利のこれでいいのかニッポン!!Part2」に!

Twitterでも先日、お伝えしましたが、ラジオ日本の清水勝利さんのラジオ番組、清水勝利のこれでいいのかニッポン!!Part2に出演させて頂きました!
「地方の反乱」というコーナーでお話させて頂きました。

 
事前に渡されていた進行台本の項目ではなく、急遽、自由に話してくださいということになりました。
時間も10分だったので、他にも話したいことがあったのですが、かなりコンパクトにまとめて、以下のように大きく2点ほどお話をさせて頂きました。
 

「品川ブランド」を高めるまちづくり、品川に住む価値を高めていく。
書籍、メディアで、何でもほどほどの品川区、これといった特徴がないと言われていることからの脱却を図る。
景気回復の実感がまだない状況のもと、せめてお住いの地域から元気にしていく。
 
具体的には、まだ埋もれておりもったいない状況である、品川区の運河・目黒川の水辺の活用や歴史ある道・街並み・文化財の歴史文化遺産の活用をすべき。都市型観光をすすめる。
そういったことで、五反田や天王洲などでの桟橋設置、東京都と連動しての
舟運社会実験や歴史文化遺産を辿るまち歩きを始めている。
立会川で黒船を見て維新を起こす決意につながった坂本龍馬の銅像もあるので、これも活かしていきたい。
 
そのためには、そういった魅力を区内外に伝えるシティプロモーションの強化や活用する運河・目黒川自体が汚いのではどうしようもないので、水質浄化を行いなるべく綺麗にしていく。かつては目黒川にホタルが飛んでいたそう。
 

区民に伝える緊急課題としては、「羽田新飛行ルート案」のことを挙げました。
 
品川区・東京上空を、南風時の15時から19時の間に1時間に44回つまり1分半おきに飛行機が飛行することとなり、品川区では上空300mの高さで約80デシベルの騒音・落下物・テロ等による墜落の危険性があるということ、
国土交通省はインバウンドのため、交通アクセス向上のためにやっており、経済活性化のためになると考えているようだが、上記デメリットも考えると本当に経済活性化につながるのか?特に品川区民にとってメリットがあるのか?疑問。
オフィスにも悪影響が出てくる。区の都市型観光にも悪影響。当然、住宅にも。
 
まだ、こうした羽田新飛行ルート案について知らない区民もいるので、もっとお伝えしたいのと、本当にこの羽田新飛行ルート案を認めてよいのかを区民の皆様には考えて頂きたい。豊洲市場問題のように後から揉めるようになってしまうのは避けたい。
これを避ける代替案として、「新東京駅」を設置しての成田空港と羽田空港を結ぶ「成羽新線」の開通による成田空港の活用が挙げられるので、国土交通省には、一度立ち止まって再考して頂きたい。
 
清水さんも、この羽田新飛行ルート案をご存知なかったようで、驚かれておりました。
このスタジオのある麻布上空にも約70デシベルの騒音を立てて飛行機が飛ぶことになるので収録に影響が出るのでは、と述べました。

 
以上、お話をさせて頂きました。
これが、実際どのように放送されるのか、楽しみです。
放送日は解り次第、お知らせいたします。
 
清水さんはとても良い方で、収録前後にも楽しくお話をさせて頂きました。
また、機会あれば是非、出演させて頂きたいと思います!!
 

清水勝利さんと!


 
今回、羽田新飛行ルート案について、まだ知らない方が多いとあらためて実感したので、私の区政報告レポートVol.2とVol.3を是非、ご覧になって頂ければと思います。
特にVol.3で今回の番組での私の話を詳しく見ることができます。
 
Vol.2
Vol.3
 
また、国土交通省の特設サイト、説明会での資料もあるので、ご覧ください。
なお、説明会資料12ページで、大井町や麻布、恵比寿など各地域の騒音レベルも解ります。
 
羽田空港のこれから
説明会資料(フェーズ2)