【政策実現!】禁煙外来治療費助成~屋内全面禁煙時代に備えて~

いよいよ6月23日に告示される東京都議会議員選挙。

その争点の一つして、「受動喫煙対策」が挙げられます。
都議選の結果次第では、原則、屋内全面禁煙とする条例の制定の可能性も出てきました。

喫煙者の方からは反発も予想され、「健康に悪かろうが他人に煙がかかろうが、俺(私)は意地でも吸う」という方も中にはおられるでしょう。
しかし、「健康や迷惑など問題だと解っているんだけど・・・本当はタバコをやめたくてもやめられない・・・」という喫煙者が多数だと思います。

そこで、私は受動喫煙対策は、条例による禁止規制などのハードな手法だけではなく、タバコを無理なくスムーズに自発的にやめて頂くソフトな手法も同時に必要だと考えておりました。
禁止規制などハードな手法のみで押し通すことは、かえって反発を招くものです。

そのソフト手法として、本当はやめたい方への禁煙サポートとして、「禁煙治療(外来・薬局等)の治療費用助成」を選挙出馬時に自身の公約として掲げたところです⇒「本気の品川改革」の「喫煙」の項目

また、昨年3月4日の平成28年度予算特別委員会などでも質問させて頂きました⇒平成28年度予算特別委員会(第3日目)の87~89番目の質問・答弁

 

そうしたところ、ついに今年度の新事業として、禁煙外来治療費の助成が実現しました!

禁煙外来実施医療機関が実施する禁煙治療において支払った治療費および医師の処方に基づいて購入した禁煙補助薬の購入費について、助成金(上限1万円)が交付されることになりました。

自分の政策が実現すると嬉しいものです。費用面の負担をなるべく取り除き、また治療受診のハードルを下げることで禁煙のきっかけにつながればと思います。

詳細は品川区ホームページの「禁煙外来治療費助成金交付事業」をご参照ください。

禁煙外来マップも便利ですよ!